フィナンシャルプランナーの備忘録

Latest Posts

CFD差金決済取引のメリット、デメリットは

英語のCFD取引は、差金決済取引(Contract for Difference)の略号です。
昔、その意味がわからなくって、サイトを読みあさった体験があります。
CFD差金決済取引のメリットは、少ない投資金額で大きな利益を短期間に生み出すことにつきます。
CFD差金決済取引のデメリットは、そのリスクであります。
読み違えれば、一夜にして投資金額を失うことになるからです。
そこが、普通の株式取引と違うところなのです。
株式投資歴は5年ほどですが、これは儲かりません。
投資した会社と運命を共にするくらいの覚悟がないと、やって行けない世界なのです。
実際、自分がこれはと思って投資した会社の株がどんどん下がり、90%以上も下落したことがあります。
投げ出さずに、そのままほったらかしにしていたら、最近復活で、株価が急上昇しています。
すぐに結果が出ないと気が済まない人には、株式投資は不向きです。
株式CFD投資のほうがお勧めです。

「CFD」に興味津々

今日、ファミレスでランチをとっていたら、隣の席のOL2人組が、「ボーナスが出たらCFDに挑戦しようと思って。」と言っていました。
「やっぱり自分年金づくりって重要だよね。」と言っていたので、何らかの資産運用なんだろうなぁとは思ったのですが、よくわからなかったので家に帰って来てから、調べてみました。
CFDとはContract For Differenceの頭文字を取った略語なんだそうです。
私はFXを前にやったことがあるのですが、FXと同じようにレバレッジをかけて投資ができるのでハイリターンを狙えるようでした。
FXと大きく異なるのは、その投資対象です。
FXは、色々な国の通貨に対して売りポジションをとったり、買いポジションを取ったりするのですが、CFDは、金や原油やその国の株価指数などにも投資をすることができるのだそうです。
何もわからない商品に投資をするのは危険だと思いますが、例えば原油について勉強ができているのであれば、おもしろい資産運用だと感じました。

CFDのひとつFX

FXを初めて一年あまり。
アベノミクスの円安に見事のることができて、かなりの利益をだすことができました。
これは思わぬボーナスでしたね。
このような急激に相場が動くことって、数年に一度の割合でしょうから、本当に運が良かったということなのでしょう。
FXをやるものにとっては、円安になろうが、円高になろうがあまり関係がありません。
どちらでも利益を出すことができるからです。
一番いやなのは、上にも下にも動かない膠着した相場です。
民衆党政権のときは、円高の極地でしたから、自民党が圧勝しそうな雰囲気を見て、円が下がるほうにかけたのですが、見事的中でした。
元手は少なかったのですが、レバレッジをかけていたので、しっかり利益を出すことができました。
FXというのは、CFDに括られる投資法です。
CFDというのは、証拠金を預け入れておくことで、現物株や通貨などの取り引きをすることができるわけですが、やはりレバレッジをかけることができるのが最大の魅力ですね。

初心者でも安心のCFDについて

安倍政権で何かと上昇気味の株式投資、やるにしてはリスクが多すぎて尻込みしてしまいます。
初心者でも少額で参加できると言われてるCFD。
略さずに言いますと、Contract For Difference、日本語で訳すと、差金決済契約です。
証拠金取引でありますので、少額でもレバレッジを効かせて運用ができます。
世界的にはメジャーですが、日本では最近入ってきたばかりで、認知度は低いですが、国内外合わせて数千銘柄と非常に幅広い取引銘柄と1つの口座で管理ができる、深夜でも取引できるなどというメリットを持っております。
不幸なことにある銘柄が下落銘柄になっていっても、利益を追求できることもできます。
もちろん、CFDをやるからには、マーケットの情報が乏しく、銘柄の見極めも困難だと言われています。
初心者であっても、金融知識がないと、元本割れをして大損を被ってしまうこともあるリスクを抱えております。
正しい知識と情報を持って、楽しくCFDをしていただきたいものです。

CFDを始めた体験談

私は、昨年からCFDを始めました。
CFDとは、日本語で差金決済契約のことで、投資商品の一つです。
日本ではそれほどまだなじみがないようですが、外国では幅広く利用されています。
日本では、差金決済といえばFXという外国為替証拠金取引が有名ですが、このFXもCFDの一種と言えます。
初めてCFDを利用した時に驚いたのが、対象商品の多さです。
株や為替だけでなく、金や石油など現物商品も取り扱うことができます。
でももちろん手元に金が届くとかそういったことではなく、すべて差額決済ですので、安い時に買って高い時に売ると言う契約をして、その差額のみの決済を行なうことになります。
CFDのメリットは、相場の上昇下降どちらでも利益を上げる可能性がある点です。
価格が下がると予想した際には、売りから開始して買い戻すという処理をすれば利益をあげられることになります。
その分選択肢が多くなり難しいですが、やりがいのある投資であると感じます。

CFDが流行ってからでは遅い

CFDは今始めるのが吉だが、その訳がわからないのが多い。
債権、株、貴金属、石油、等何でも対象になっている。
今までは売買対象が金持ちだけに限っていたが、CFDの登場で少ない金額でも売買できるようになった。
小額の証拠金がありさえすれば、レバレッジを利かせて大きな利益を上げることができる。
というもの。
要するにFXの取引対象が拡大したようなものかな。
今、CFDが流行ってない。
そこが狙い目。
理由は、流行るとチャートが読みづらくなるから。
過去にに同じことがあった。
それは為替市場なんだが、読みづらくなるその分岐点はFXの登場にある。
FXで誰でも為替市場で投機をできるようになったから。
それまで為替はトレンドが出やすいって言われていた。
だが今は違う。
今CFDが流行ってない。
丁度FX登場前の為替みたいなもので、チャートが読みやすい。
そこがCFDのいいところ。
今は流行っていないからチャートが読みやすい。
だから、儲けやすいという訳だ。
CFDが流行りだすと、簡単に儲け難くなる。
今がチャンスかもしれんね。

CFDの取引をしました~

最近投資にはまっている私、今のブームはCFDです。
だって、色々な銘柄があって、すごく面白いんですよね。
勿論今日も、トレードしましたよ。
だって、最近はまっているから。
しかもいいな~と思っているのは、レバレッジです。
そんなにたくさんのお金を用意しなくても、
沢山のお金を用意した時と同じような取引が出来るなんて、
すごくいいと思うんですよね。
でも、今日、友達(というか、CFDの先輩?)に言われちゃいました。
「レバレッジは良いけれど、注意しなよ」って。
そう、レバレッジってすごく魅力的だけど、
ハイリスクハイリターンなんですよね。
勿論、掛ければかけるほど、利益が出た時はリターンが大きくなるわけだけど、
損失が出た時は・・・うう、怖い怖い。
と言う事で、今日ももっとレバレッジを掛けたいなぁ・・・と思いつつ、
そんなに欲を出してトレードしたら、損失を出した時に大変な事になるよね、
なんて思って、今日はぐっとこらえてみました。
でも、もうちょっと掛けても大丈夫かな。
どうなんだろう。

CFDでお金儲け

先日会社の同僚と飲みに行く機会があったのですが、その時にCFDのことが話題になりました。
その同僚はCFDをやりはじめたのだそうです。
結構儲けているみたいな話でしたよ。
CFDというのは、「Contract for Difference」の略です。
日本語では、「差金決済取引」とも表記されています。
そういえば最近は、このCFDという文字をよく見かけるようになってきましたよね。
流行り始めてきているのでしょうかね。
私も何か取引をやってみたいと思っていたので、このCFDにも興味がわいてきました。
取引で簡単にお金を儲けることができたら、うれしいですよね。
ただ、どんな取引きにもメリットと、デメリットがありますから、その辺を十分に気をつけなくてやる必要がありますね。
お金儲けのつもりが、資産をすべて失ってしまったなんてことになったらショックですからね。
私も、CFDで上手く稼ぐことができればいいななんて思っています。

話題の金融商品CFD

今の時代は金利もほとんどつかない状態ですし、それに将来もらえる年金ついても不安はあります。
私も今までは投資のことには興味があまりなかったのですが、でも、今の状態では老後の資金を貯めていくのは難しいなと感じています。
そこで本確的に投資を始めたいなと感じているのですが、株は少し難しそうですし、FXなら簡単そうでいいなとも思っているところです。
そして比較的新しい金融商品ですが、CFDも気になっています。
日本ではまだあまりメジャーな存在ではないですが、海外ではかなりメジャーとのことで、今後は国内でもさらに人気が高まってきそうだなと思っています。
FXと同じような感じで取引できそうですし、そしてひとつの口座ですべての取引を管理できるのも便利だなと思っています。
FXよりもさらに多くの銘柄が取引できますし、小額からも始められるというので、私も最初は控えめな金額から始めたいなと思っているところです。
まずはしっかり勉強してCFDについてよく理解しておこうと思っています。

CFDとはいったい何

私は株取引やFXが大好きです。
FXは証拠金を預けると、その何十倍の取引ができます。
少ない資金で、大きな取引ができます。
最近、ネットを見ているとCFDといった単語をよく見かけます。
それも投資のサイトでよく見かけるのです。
新し物好きで、ハイリスクが大好きな私としては、興味をそそわれます。
CFDは「差金決済契約」と言って取引方法そのものをさす言葉です。
具体例を示して説明したほうが分かりやすいと思います。
例えば私が株取引で、1株1000円の価格の株式を1000株購入したとしましょう。
その株価が値上がりして1100円の時に全株を売却したとします、その場合の利益は10万円になります。
現物取引と言われる取引方法です。
その際100万円は必要です。
しかし10万円の保証金を積んで100万円の取引ができたとしたらどうでしょう。
10万円を預けて株価1000円の株を1000株購入できます。
そして1100円になった時に売却しました、この場合も10万円の利益です。
これはFXの証拠金と同じです。
CFDは差額だけのやり取りをする取引方法です。
CFDでは100万円の現金も、10万円の証拠金も必要ありません、差額だけを決済したらいいのです。