ドライオーガズムの方法

日頃からオナニーやセックスで射精による快感を味わっている男性はそれほど珍しくないでしょう。
しかし、射精には消耗がつき物であり、体力が衰えてくるとセックスやオナニーそのものがきつくなってくるのが通例です。
そのため、年配者のセックスは行為を伴わない物になりがちで、快感を得ることも少ないと聞きました。
しかし、今は射精を伴わずに男性が絶頂を迎えられるドライオーガズムがあります。
これは射精しないので体力の消耗もほとんど見られず、放出による脱力感もありません。
むしろ、射精の何倍にも匹敵する快感が全身を襲うため、初めて体感する人はあまりの衝撃に「ほおおっ」などと声が漏れてしまい、しばらくはがくがくと全身を震わせ、快感に身を任せるそうです。
それは誰が見ても至福の時を過ごしている感じであり、なかなか見られない光景でしょう。
射精してしまえば男性は精を放出してしまうわけで、そこでセックスもオナニーも終わってしまいます。
しかし、ドライオーガズムの場合は絶頂に射精が伴わないので、快感だけが残るわけです。
これは、立て続けにイクことも可能であり、みんながこの形で快感を得る楽しさを味わえる点で非常に優秀といえます。
もちろんそれを得るためにはコツが必要でして、前立腺を刺激するタイミングやツボ、刺激しやすい体位など、考えることは多いです。
ただ、一度達し方を覚えてしまえば、後はパートナーに手伝ってもらえばやすやすと絶頂が味わえて、自分が苦労することはないでしょう。
良い意味で刺激が受けられることもあって、今ではセックスに飽きた高齢者などもこの絶頂状態に興味を持っているのです。
デリヘルやイメクラなど、基本的に性サービスを行う風俗店では、アナルの快感を得られるとして早くから前立腺刺激のマッサージサービスもしていました。
しかし、ここでの風俗嬢による前立腺の刺激方法は未熟な部分も多く、なかなかドライオーガズムに達することができなかったのです。
現在は性感エステなる前立腺マッサージに長けた風俗嬢をそろえているお店も多くなり、ここに行けば確実に射精を伴わずに絶頂を迎えることができます。
それだけみんなが前立腺刺激による絶頂状態に関心を持ち、その素晴らしさと達成感の大きさを知っているのでしょう。
ウェットオーガズムの数倍の快感が得られ、体力の消耗が少ないドライオーガズムは、男性にとって非常に都合がいい絶頂の状態です。
普段からアナルの快感に慣れている人はたやすく前立腺刺激によりイクことができますので、それだけ性感帯が開発されていることを意味します。
何度もイクとそれだけイきやすい体質になるのは男女でそれほど差はありません。
私もこの年で性感帯の開発をするとは思ってもみませんでしたが、妻とのセックスがいかにも濃厚になっていますので、やはりその効果は大きいのでしょう。
いまやこうした一見アブノーマルな絶頂の感じ方も、メジャーになり、市民権を得ているのです。

※参考サイト・・・ドライオーガズムの方法
このサイトから一部文章をお借りしました